ライザップ評判

ライザップの評判

ライザップ評判

ライザップには、様々な悩みを持った方がいらっしゃいます。 そんな方々にライザップの評判を聞いてみました。

女性であれば、第1にダイエットですね。
もっとウエストを細くしたい。もっと体重を落としたい、きれいなボディラインを作りたい。

男性であれば、中高年のメタボ対策です。
仕事は忙しいけど、日頃運動を全くしていなかったり、飲んでばかりいたりして、お腹がポッコリ出ているのでこれを引っ込めたい。 あとは、やはり筋肉をつけたい方が多いでしょう。ボディメイクをしてしっかりとした体型に憧れる方も多くいらっしゃいます。

そんな方の悩みを解決するのが“ライザップ”です。
ライザップは、肉体的な理想の体型を作り出すことに絶対的な自信を持っています。 それが、2ヶ月間で目標体重にならなかったら、全額返金する保証制度です。

ひとりでは絶対にできないと考えている方こそ、ライザップのトレーニングがいいでしょう。 特に男性なら40代、50代に差し掛かると健康面も気になるところです。 成人病や糖尿病、そういった身体の病気はまず食生活から正しくすることが先決になるでしょう。

ライザップは、まず初めに身体にいい食事指導を徹底的に行います。 そして毎食後、必ず食事の報告を行い、トレーナーに助言してもらいます。

これだけでも1週間もやれば、身体がかわってくるのがわかるようになります。

さらに、ライザップは1週間に2回、完全個室のトーレニングジムで、専属のトレーナーとマンツーマンでトレーニングします。 女性でも誰の目も気にせず、トレーニングできるのはありがたいですよね。

これを2ヶ月間行うことで、必ずあなたの理想ボディができるようになるのです。

ライザップの評判を聞いてみた!

■ライザップの評判を、ライザップ専属トレーナーの方に聞いてみました! つづきは、こちら→

■ライザップの評判を、ライザップ総責任者の方に聞いてみました! つづきは、こちら→

■ライザップの評判を、実際に体験した女性の方に聞いてみました! つづきは、こちら→

■ライザップの評判を、今実際にやっている男性に聞いてみました! つづきは、こちら→

筋肉トレーニングの一例

下半身の筋肉チェック
ダイエットするのに大切なのは運動で筋肉をつけて代謝をあげることです。そのときにむやみに鍛えるだけではきれいなボディーラインをつくることはできません。きれいなボディーラインをつくりながらダイエットをするためには、体の左右バランスを均等にしていくことがポイントなのです。例えば右脚がむくみやすければ右脚の筋肉が弱まっている可能性があります。そうすると血流が滞って代謝が悪くなり、むくみやたるみの原因になります。さらに左右のバランスが崩れていることになるのでダイエットのためのエクササイズをいくら頑張っても効果は上がりにくいです。バランスを整えるための鍛え方にもコツがあります。筋肉に軽い負荷をかけ続ける運動の方が筋肉の形が整って美しいボディーラインをつくることができます。しかし激しい有酸素運動だと特定の筋肉にだけ負荷がかかってしまうのです。ランニングで下半身を引き締めようとする人も多いと思いますが、ふくらはぎがししゃもになってしまうので、ランニングよりもウォーキングの方がダイエットには理想だといえるでしょう。まず自分の身体のどこのバランスが悪いかをチェックして弱い部分を重点的に鍛えていくことで、早く左右のバランスを整えることができます。まず下半身の鈍った筋肉をチェックしていきましょう。

・ひざ曲げウォーク
まず背筋を伸ばして立ち、右手を真上にあげて左手は真下に下げながら、左脚を大きく踏み出します。左手で右ももの裏をタッチし、右脚のひざを床すれすれまで曲げます。前に歩くように連続して右脚側も同じように行ってください。もし体がふらついたら脚部や体幹が弱くなっている証拠なので、下半身全体の強化が必要です。

・クロスステップ
まず右脚を半歩前に踏み出して右手のひじを肩より上に持ち上げます。右手のひじを下げるのと同時に左脚のひざを上げてお腹の前でひじとひざをタッチさせます。ここで背中が丸まらないように気をつけましょう。反対も同様に行い、スムーズに上げられない側があれば、そちら側のヒップの筋肉が弱まっているということなので、ヒップまわりの筋肉の強化をしなければなりません。

・トゥハイタッチ
まず右脚を一歩踏み出して右手を真上に挙げます。挙げた手を振り下げながら、それと同時に左脚を振り上げて右手先とつま先をタッチしましょう。ここで背中は丸めないように注意してください。続けて左足からも同じように行います。手先とつま先がタッチできなければ太ももの裏側にある筋肉のハムストリングスが固まり気味な証拠です。ここをストレッチして和らげなければいけません。

・フットロータッチ
まず背筋を伸ばして立ち、右手で左足のかかとをタッチします。連続して左手で右足のかかともタッチしましょう。どちらも背中を丸めないようにしてひざ上の体の真ん中でタッチしてください。スムーズに行えない側があった場合、太もも内側の内転筋群が弱まって股関節が固まり気味だということです。もも内側の筋肉の強化をしなければいけません。

ライザップのお申し込み

ライザップ評判

ライザップのトレーニングを受けるには、まず無料カウンセリングを受けてもらう必要があります。

この無料カウンセリングでは、あなた自身が本当にここで2ヶ月間トレーニングできるかどうか、その不安を解消するために 事前に受けてもらうものになります。

無料カウンセリングのお申し込みは、下記のボタンより受け付けています。

このページの先頭へ